美幌海軍航空隊と基地の歴史 Stories of the Bihoro Naval Air Squadron and its Air Base

美幌海軍航空隊の歴史は、七〇一空となってからの時期を合わせ、昭和15年10月1日から昭和18年3月15日までの約2年半、正確には896日間のみです。この間、帝国海軍基地航空部隊の一部として、中国大陸、マレー、ソロモン諸島方面にて作戦に従事しました。
The history of the Bihoro Naval Air Squadron, including the period after renaming to the 701st Air Corps, is only two and a half years, more accurately 895 days, from 1 October 1941 to 15 March 1943.  During the time, it was involved in several operations as a part of IJN land based air forces in main land China, Malay and Salomon Islands.

九六式陸攻を擁して広範囲に活躍し、一度は地元である北海道・美幌町に凱旋した部隊でしたが、最終的には南太平洋のラバウルで消耗しほぼ全滅に近い形で解隊されたのでした。
Using Type 96 RIKKO's or code name 'Nell', it was successfully operating in wide area, and once made a triumphant return to the home town, Bihoro, Hokkaido.  However, it was heavily exhausted, almost anihilated and finally dissolved in Rabaul, Southern Pacific.

ここでは、その栄光と悲劇の歴史について、手元にある各種資料に基づいて少しずつではありますが記していきます。
Let me tell you about the history of honor and tragedy one by one, based on the materials available in my hand.

---

目次 Contents (かなり工事中です)

1 はじめに

 1) 中攻について
 2) 中攻会・中攻の会 CHUKO-KAI/CHUKO-NO-KAI
 3) 戦局全般について
 

2 美幌海軍航空隊の歴史 History of the Bihoro Naval Air Squadron

 1) 美幌海軍航空隊の開隊
 2) 中支作戦(重慶爆撃他)
 3) 第一段作戦(マレー沖海戦他)
 4) 美幌への凱旋
 5) ラバウル進出(レンネル島沖海戦他)
 6) 美幌海軍航空隊の解隊

3 海軍美幌基地の歴史 History of the Naval Bihoro Air Base

 1) 基地建設から空地分離まで
 2) 基地の様子
 3) 後方基地としての役割
 4) 海軍航空廠
 5) 連合軍による占領 Occupation by the Allied Forces

4 サイド・ストーリー

 1) 英国Z部隊とシンガポール陥落
 2) 空母冲鷹と双子の米国潜水艦
 3) 美幌町議会看板論争
 4) 北海道空襲 Hokkaido Air Raid
 5) (つづく)

(original 03/26/05; last updated on 05/05/14)

| | TrackBack (0)

08 May 2018

第七七歩兵師団史の道内関連写真 3/3

「我らが松明を高く掲げよ-第二次世界大戦における第七七歩兵師団史」
Ours To Hold It High: the history of the 77th Infantry Division in World War II
https://archive.org/stream/OursToHoldItHigh#page/n441/mode/2up
441-443/604頁

第七七師団の二名が、函館にて海岸線防御用30cm(12インチ)砲を接収。
Shore_gun

師団の憲兵に、友達ができたところ。
Children

工兵隊の作業車が、札幌で3m(10フィート)の吹きだまりを除雪。
Snow_road

日本人だけでなく米国人も楽しむ冬のスポーツ。
Skiing

札幌にて、アイケルバーガー大将が第三〇七連隊の一個大隊を閲兵。
307rct

札幌の第七七師団司令部前にて、師団幹部。(訳注:後ろの看板は右から「株式会社 北海道拓殖銀行」と読めます。)77thdiv_staff
一列目・左より;
1)ヘンリー・J・オブライエン中佐 G-4
2)ヘンリー・ケペックJr.中佐 G-3
3)エドウィン・H・ランドル准将 副師団長
4)アンドリュー・D・ブルース少将 師団長
5)クレイ・ブリッジウォーターcol.f 参謀長
6)マックス・マイヤーズ中佐 G-2
7)マーシャル・O・ベッカー少佐 G-1

二列目・左より;
1)ジェームズ・D・シェリダン中佐 軍務局長
2)エドワード・H・ハーン中佐 兵器担当
3)ロバート・D・アデア中佐 慰安担当
4)ウィリアム・G・デビッドソン中佐 軍政担当
5)アール・C・シュロッターベック中佐 輸送担当
6)アレン・T・サミュエルズ中佐 補給担当
7)レイモンド・C・トッド中佐 経理担当
8)レイ・C・フェアバンク中佐 土木担当

三列目・左より;
1)ハリー・S・カッティング中佐 司令部指揮官
2)ジョン・A・ダン中佐 従軍牧師
3)トーマス・W・ブレア少佐 通信担当
4)ジョージ・T・ラーキン少佐 警務担当
5)ローレンス・A・ウェッシング大尉 憲兵隊長
6)ロバート・T・シップマン少佐 軍医
7)ホレイシォ・N・ウッドソン大尉 法務官
8)ジョエル・E・リヒテンシュタイン大尉 化学担当

| | TrackBack (0)

第七七歩兵師団史の道内関連写真 2/3

「我らが松明を高く掲げよ-第二次世界大戦における第七七歩兵師団史」
Ours To Hold It High: the history of the 77th Infantry Division in World War II
https://archive.org/stream/OursToHoldItHigh#page/n441/mode/2up
439-441/604頁

第三〇七歩兵連隊の兵士たちが、隊内で配布される日本製のビールの荷下ろしを行う。
Beer

1945年10月、第三〇七連隊戦闘部隊が占領した、北海道札幌の日本軍兵舎を検分する。
Sapporo_barracks
左より;
1)第九軍団司令官 チャールズ・W・ライダー中将
2)第八軍司令長官 ロバート・L・アイケルバーガー大将
3)第七七師団長 A・D・ブルース少将
4)第三〇七連隊戦闘部隊長 ステファン・S・ハミルトン大佐

師団の高得点者たちが、米国への帰還の最初の行程である日本の列車に乗り込む。(得点化された功績の順に帰還が認められたようです。
Golden_gate_special1

札幌からの最初の分遣隊が、故郷へ向かうために函館行きの列車を待つ間にポーズを取る。
Golden_gate_special2

ゾルタック通信兵が、故郷へ向かう第二の行程である日本の連絡船に乗り込む。
Golden_gate_special3

第七七師団の帰還兵二名は、故郷へ向かう気分が素晴らしいものであることで一致。
Golden_gate_special4

| | TrackBack (0)

05 May 2018

第七七歩兵師団史の道内関連写真 1/3

「我らが松明を高く掲げよ-第二次世界大戦における第七七歩兵師団史」
Ours To Hold It High: the history of the 77th Infantry Division in World War II
https://archive.org/stream/OursToHoldItHigh#page/n441/mode/2up
422, 424, 437/604頁

Map

歩兵の一団が一列縦隊で、セブ市のドックの北海道での占領任務に向かう輸送船に向かう。
To_hokkaido

師団楽団と歌手アベルナティが、航海中に演奏しているところ。Division_band1

師団楽団が演奏する中、移動中の一団の前で平アベルナティこと「エイブ」が「Tabby」を歌う。
Division_band0

北海道への旅の間に催された演奏会の一つ、立ち見席しかない盛況。
Division_band2

第七七師団のうち北海道へ最初に上陸した第三〇六連隊の歩兵が、次の命令を待つ。(函館水産専門学校でしょうか。)
Hakodate

北海道を占領した第七七師団が本部を置いた札幌市の眺め。
Sapporo

日本側が巨大な広告板上に案内図を、第七七師団の見物客二名が見入る。
Guidemap

| | TrackBack (0)

24 April 2018

第七七歩兵師団宿営表

たまたま目にした、札幌を中心とする進駐軍の宿営状況です。大湊警備府の兵器等引渡しの相手が札幌の第九軍団司令官であったため、添付されているようです。

建物名・場所をキーにして表示してあります。

---

JACAR(アジア歴史資料センター) Ref. C08011176900
大湊警備府管下 2/9 (防衛省防衛研究所)
兵器軍需品施設物引渡関係綴 大湊警備府(1) 33コマ目

---

第77歩兵師団宿営表

===北海道拓殖銀行(大通り西三丁目)===
師団司令部
司令官
副司令官
参謀長
軍政部
 第一部 人事
 第二部 情報
 第三部 計画及び作戦
 第四部 補給及び撤収
日本終戦連絡事務局

===大同生命ビルディング(北2条西3丁目)===
特務機関全部
 情報及び教育隊
 慰安部

===清和寮鉄道クラブ(南3条西3丁目)===
師団司令部附将校宿舎
 古参中佐 
===富国生命ビル(北3条西3丁目)===
 その他

===清水ビル(北2条西3丁目)===
特科隊本部
===第一徴兵(北1条西4丁目)===
本部中隊(将校及び下士官食堂を含む)

===札幌陸軍連隊区司令部(北1条西9丁目)===
憲兵小隊及び憲兵隊長事務所

===越山ビル(北2条西3丁目)===
第237憲兵中隊

===陸軍被服廠(?)===
第77偵察中隊

===北海道憲兵隊(中島公園)===
第302工兵大隊
第77通信中隊

===苗穂糧秣廠(苗穂)===
第77補給中隊
第181防毒中隊
第777兵器中隊(自動車補給隊除く)
第215爆弾処理班

===日本内燃機会社(?)===
第777兵器中隊自動車補給隊

===北大低温科学研究所(北8条西6丁目)===
第302衛生大隊
第103マラリア予防部
第122マラリア予防部

===陸軍弾薬庫(札幌村)===
第612爆薬中隊

===北部軍司令部(月寒)===
第307連隊
第76野戦病院
第334修理洗濯部

===旭川兵舎(旭川)===
第305連隊

***

第九軍団直轄関係

===札幌逓信局(北1条西6丁目)===
第九軍団司令部(1階、2階及び3階の一部)
第九軍団本部中隊(3階の一部、4階、5階。6階)

===商業組合中央金庫(北4条西3丁目)===
第945高射砲大隊D中隊
第九軍団憲兵小隊
第209防諜情報分遣隊
第151俘虜関係処理小隊

===北海道第一師範学校(南22条西12丁目)===
第82通信大隊

===グランドホテル(北1条西4丁目)===
第九軍団将校

---

連合軍による占領 Occupation by Allied Forces」に戻る。

| | TrackBack (0)

23 December 2017

大英帝国戦争博物館HPより

「こじまゆうのすけ」という画家の方ですが、他の情報に出会えていません。

http://www.iwm.org.uk/collections/item/object/15547

Hms_prince_of_wales

The Sinking of HMS Prince of Wales, 10 December 1941, off Kuantan, South China Sea

Object description

image: a battle scene at sea. In the centre foreground is the battleship HMS Prince of Wales, its bow facing to the left. The ship is under aerial attack from Japanese torpedo-bombers, four of which are visible. The ship's guns are all firing skywards in an attempt to ward off the aircraft. A large explosion of spray shows that the ship has been hit by a torpedo on the port side and there is a large amount of black smoke to starboard. In the background on the left, a battlecruiser is visible, emitting black smoke from its funnel.

| | TrackBack (0)

10 December 2017

平成29年慰霊祭・懇親会 2017 Memorial Service & Party

H2912101マレー沖海戦から76周年、例年どおり変わりなく原宿の東郷神社にて慰霊祭が行われました。その後、神社に隣接する東郷会館と同じ建物内にあるクラブ水交で懇親会が行われました。メニューは今年も「海軍カレー」。
76th years, as usual, the memorial service was held at the Togo Shrine, Harajuku, Tokyo.  Following the ceremony, there was a party in the Club SUIKO, in the same building of the TOGO KAIKAN.  Today's menu was 'IJN Curry & Rice'.

もともとの「中攻会」は既に解散しており、その後「中攻の会」として緩やかな形で存続しております。ご高齢の方々の参加がさらに減って、元海軍軍人やご遺族の方々を含め15名ほどの集まりとなりました。
The original CHUKO-KAI has already been resolved, and CHUKO-NO-KAI keeps its activities in a more informal manner.  Number of eldery participants keeps declining, fifteen of ours including IJN veterans and bereaved families.

---

中攻会・中攻の会 CHUKO-KAI/CHUKO-NO-KAI」へ戻る。

| | TrackBack (0)

15 April 2017

剣作戦直前・三沢での一式陸攻炎上

別のブログで調べているこちら、炎上する一式陸攻が写っています。

7/14 a.m. VF-34#11 モンテレイ戦闘機隊の三沢飛行場空襲

14jul45_misawa1

| | TrackBack (0)

01 April 2017

蒼龍攻撃機隊のダーウィン空襲

阿部大尉は、書棚にある「母艦航空隊」29頁に登場される方で、複葉の九四艦爆で、霧のせいで飛行甲板より低く飛んで加賀に接近し、艦尾で引き上げて飛行甲板に滑り込んだ、という逸話を紹介されています。

蒼龍飛行隊爆撃機隊戦闘機隊攻撃機隊 

JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C08051578700
昭和16年12月~昭和17年4月 蒼龍爆撃機隊戦闘行動調書(防衛省防衛研究所)9・10コマ目

---

任務:ダーウィン作戦 敵巡洋艦(駆逐艦・潜水艦・商船)爆撃
指揮官:阿部平次郎大尉
参加機種機数:九七艦攻×18機
追加装備:800kg爆弾×1発

行動経過概要:

午前6時26分
九七艦爆十八機発進

午前7時00分
旗艦上空発進

午前8時10分
突撃下令

午前8時20分
第二中隊、係留中の大型汽船二隻爆撃

午前8時30分
第三中隊、敵兵舎・火薬庫を爆撃

午前8時35分
第二中隊、敵戦闘機の射撃を受く

午前8時55分
第一中隊、係留中の大型汽船一隻を爆撃

午前9時10分
ホサム岬に集合、帰途に就く

午前10時43分
母艦上空着

午後0時12分
帰艦揚収

---

ダーウィン空襲」に戻る。

| | TrackBack (0)

蒼龍戦闘機隊のダーウィン空襲

藤田中尉は、後に日本航空で機長となった方です。また、先日なくなられた原田要氏のお名前が、第三小隊長として確認することができます。

蒼龍飛行隊爆撃機隊戦闘機隊攻撃機隊

JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C08051578700
昭和16年12月~昭和17年4月 蒼龍飛行機隊戦闘行動調書(防衛省防衛研究所)11・12コマ目

---

「飛行機隊戦闘行動調書」に記載の内容は、以下のとおり。

任務:ダーウィン作戦 第一集団直接掩護
指揮官:藤田怡与蔵中尉
参加機種機数:零戦×9機

行動経過概要:

午前6時26分
零戦九機発進

午前7時00分
旗艦上空発進

午前8時10分~9時15分
第一集団の直接掩護に任ず

午前10時00分
敵特設巡洋艦一隻を銃撃し減速せしむ

午前10時43分
母艦上空に達す

午前11時30分
帰艦揚収

---

ダーウィン空襲」に戻る。

| | TrackBack (0)

蒼龍爆撃機隊のダーウィン空襲

三機ずつの二個小隊を一個中隊とし、三個中隊で攻撃しています。効果・損害とも控え目で、総合評価は「C」とされています。

蒼龍飛行隊爆撃機隊戦闘機隊攻撃機隊

JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C08051578700
昭和16年12月~昭和17年4月 蒼龍飛行機隊戦闘行動調書(防衛省防衛研究所)13・14コマ目

---

「飛行機隊戦闘行動調書」に記載の内容は、以下のとおり。

任務:ダーウィン攻撃 敵駆逐艦・潜水艦攻撃
指揮官:江草隆繁少佐
参加機種機数:九九艦爆×18機
追加装備:250kg爆弾×1発

行動経過概要:

午前7時00分
九九艦爆十八機発進

午前7時15分
第十一、第十二、第十三攻撃隊、集合のうえ旗艦上空発進

午前8時38分
突撃下令、ダーウィン突入

午前8時40分
爆撃開始

午前8時50分
爆撃終了

午前9時25分
集合、帰途に就く

午前10時45分
全機帰着

午前11時10分
第二十六小隊一番機、駆逐艦側に不時着水

---

ダーウィン空襲」に戻る。

| | TrackBack (0)

«蒼龍飛行隊のダーウィン空襲