« 8/9 a.m. VF-94#21 レキシントン戦闘機隊の神町・楯山飛行場空襲 | トップページ | 8/9 a.m. VBF-94#35 レキシントン戦闘爆撃機隊の神町・楯山飛行場空襲 »

2013年5月20日 (月)

8/9 a.m. VF-94#22 レキシントン戦闘機隊の神町・楯山飛行場空襲

Unit: VF-94, Base: USS Lexington, Report No.22 Banner_3

発艦時刻: 午前5時10分
目標上空: 午前6時50分から8時00分
着艦時刻: 午前10時20分
発進位置: 北緯38度08分 東経144度19分
任務:    本州・神町及び山形飛行場空襲
部隊構成: F6F-5ヘルキャット×8機
追加装備: 225kg(500ポンド)爆弾×1発及びロケット弾×4発

他に、レキシントンから爆撃機×15機が同行している。
---
項番12「戦術及び作戦上の情報」欄に記載の内容は次のとおり。

神町及び楯山飛行場(訳注:原文には山形とあり。以下同じ。)を目標として割り当てられた本攻撃では、神町飛行場を先に攻撃。戦闘機隊は、北から南に向かって爆撃を一回行った。高度9000フィートから降下し、3000フィートで格納庫施設に対して爆弾を投下した。

戦闘機隊はついで、飛行場中に分散されていた飛行機を狙って、東から西、北から南の方向に、五回の機銃掃射及びロケット弾攻撃を実施。全て突撃のほとんどは、高度5000フィートから地上付近まで降下して行われた。双発機×十二機が炎上。八機にも機銃弾の命中が相当あったが、発火には至らなかった。

爆撃機隊と、戦闘機の一個小隊が神町に留まる一方、戦闘機×六機が分離して南の楯山飛行場へ進撃。飛行機に機銃掃射を実施、練習機×三機を破壊、九機に損害を与えた。いずれも、単発・複葉機であった。

神町にて部隊は合同し、母艦への針路を取った。

---
項番11「敵艦船若しくは地上の敵への攻撃」欄に記載の内容は次のとおり。

1 神町飛行場 双発機×19機
225kg(500ポンド)爆弾×2発(命中なし)、12・7mm(0・5インチ)機銃弾×7200発。11機を破壊、8機に損害を与える。

2 楯山飛行場 単発機×12機
12・7mm(0・5インチ)機銃弾×6500発、ロケット弾×8発(命中×2発)。3機を破壊、9機に損害を与える。

3 神町飛行場 格納庫 30×15m(100×50フィート)
225kg(500ポンド)爆弾×5発(確認できず)。

4 神町飛行場 建物 15×15m(50×50フィート)
225kg(500ポンド)爆弾×1発(命中せず)、ロケット弾×6発(命中×2発)。効果・小。

破壊された飛行機は全て、炎上若しくはロケット弾の命中によりばらばらになったもの。損害を与えた飛行機は、一機当たり12・7mm(0・5インチ)機銃弾×50~75発の命中があった。

---
以下、訳者による考察です。

楯山飛行場への第二波は、この戦闘機×六機であるとみられる。到達時刻は7時台。項番11の順に攻撃したのであれば、7時台の早い時間かもしれない。

昭和20年8月9・10日 東北空襲」に戻る。

|

« 8/9 a.m. VF-94#21 レキシントン戦闘機隊の神町・楯山飛行場空襲 | トップページ | 8/9 a.m. VBF-94#35 レキシントン戦闘爆撃機隊の神町・楯山飛行場空襲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53966/57426231

この記事へのトラックバック一覧です: 8/9 a.m. VF-94#22 レキシントン戦闘機隊の神町・楯山飛行場空襲:

« 8/9 a.m. VF-94#21 レキシントン戦闘機隊の神町・楯山飛行場空襲 | トップページ | 8/9 a.m. VBF-94#35 レキシントン戦闘爆撃機隊の神町・楯山飛行場空襲 »