美幌海軍航空隊と基地の歴史 Stories of the Bihoro Naval Air Squadron and its Air Base

美幌海軍航空隊の歴史は、七〇一空となってからの時期を合わせ、昭和15年10月1日から昭和18年3月15日までの約2年半、正確には896日間のみです。この間、帝国海軍基地航空部隊の一部として、中国大陸、マレー、ソロモン諸島方面にて作戦に従事しました。
The history of the Bihoro Naval Air Squadron (NAS), including the period after renaming to the 701st NAS, is only two and a half years, more accurately 895 days, from 1 October 1941 to 15 March 1943.  During the time, it was involved in several operations as a part of IJN land based air forces in main land China, Malay and Salomon Islands.

九六式陸攻を擁して広範囲に活躍し、一度は地元である北海道・美幌町に凱旋した部隊でしたが、最終的には南太平洋のラバウルで消耗しほぼ全滅に近い形で解隊されたのでした。
Using Type 96 RIKKO's or code name 'Nell', it was successfully operating in wide area, and once made a triumphant return to the home town, Bihoro, Hokkaido.  However, it was heavily exhausted, almost anihilated and finally dissolved in Rabaul, Southern Pacific.

ここでは、その栄光と悲劇の歴史について、手元にある各種資料に基づいて少しずつではありますが記していきます。
Let me tell you about the history of honor and tragedy one by one, based on the materials available in my hand.

---

目次 Contents (かなり工事中です)

1 はじめに

 1) 中攻について
 2) 中攻会・中攻の会 CHUKO-KAI/CHUKO-NO-KAI
 3) 戦局全般について 

2 美幌海軍航空隊の歴史 History of the Bihoro Naval Air Squadron

 1) 美幌海軍航空隊の開隊
 2) 中支作戦(重慶爆撃他)
 3) 第一段作戦(マレー沖海戦他)
 4) 美幌への凱旋
 5) ラバウル進出(レンネル島沖海戦他)
 6) 美幌海軍航空隊の解隊

3 海軍美幌基地の歴史 History of the Naval Bihoro Air Base

 1) 基地建設から空地分離まで
 2) 基地の様子
 3) 後方基地としての役割
 4) 海軍航空廠
 5) 連合軍による占領 Occupation by the Allied Forces

4 サイド・ストーリー

 1) 英国Z部隊とシンガポール陥落
 2) 空母冲鷹と双子の米国潜水艦
 3) 美幌町議会看板論争
 4) 北海道空襲 Hokkaido Air Raid
 5) (つづく)

(original 03/26/05; last updated on 12/06/20)

| | TrackBack (0)

04 January 2024

4.重慶成都以外に対する攻撃

4.重慶成都以外に対する攻撃

重慶方面に対する攻撃は我が兵力並びに天候の許す限り我が全力を挙げ続行したるも、天候等不適の場合あるいは敵情等に応じ左記諸点の攻撃を実施し甚大なる戦果を収めたり。

攻撃回数三十三回、使用延べ機数1121機、爆弾約803トンに達せり。

(1) 重慶付近敵重要拠点
自流井 瀘縣 合川 銅梁 壁山(陸軍) 綦江 南川 涪州 富順 永川 合江 隆昌 順慶 潼川 廣安

(2) 揚子江沿岸敵重要拠点
萬縣 巫山 巴東

(3) 浙贛線沿線軍需品集積地
金華 衢縣 廣信 衡陽

(4) 陸軍地上部隊協力
宜昌作戦に協力して 帰州 南坨 大平渓 長陽 圥河口 襄陽 當陽 宜昌 等の敵拠点

(5) その他
辰谿 芷江、辰州

---

6.作戦経過大要」に戻る。

| | Comments (0)

3.重慶軍事施設攻撃

3.重慶軍事施設攻撃

敵機の制圧未だ充分ならざるも敵戦闘機の戦意は一般に微弱なるをもって、5月26日より専ら重慶付近軍事施設並びに政治機関の攻撃を開始せり。攻撃計画上特に留意したるは第三国権益関係にしてなかんずく外交機関並びに艦船に対しては絶対に誤爆せざる如くし、これがため敵戦闘機の妨害比較的大なる作戦初期は主として北培新村、小龍坎、磁器口、浮圖關、化龍橋、江北地区等重慶郊外目標を選定し、敵戦闘機の漸減及び我が攻撃の慣熟に伴い次第に目標を重慶市内に転ぜり。

一方、これら外交機関に対して我が爆撃を制肘せざる他の適当なる地域に移転方意見を具したるところ、6月14日に至り中央より第三国に対し重慶東南方対岸の弾子石以南、龍門浩(海棠渓を含まず)に至る地域を安全地帯に指定し第三国人は我が重慶作戦終了まで一時該区域を避難方勧告を発せしめたり。よってその後十日を経たる6月24日よりさらに市内重要施設に対し徹底的爆撃を連続し、着々大なる戦果を収め得たり。その後、7月に入り外交機関は全部南岸安全地帯に移転せりとの情報に接しせり。

その後ドイツ人より安全区域を海棠渓付近まで拡張に関し要求ありたるため、中央より差し当たり海棠渓より川黔公路に至る東方地域は爆撃せざることと指令ありたるため爆撃を控えつつありたるも、たまたま南方輸入路の閉鎖により敵は川黔公路を利用し物資を急速に重慶方面に輸送しつつありとの情報あり。川黔公路の終点たる海棠渓は軍需品の集積場と認められたるをもって、方面艦隊の了解を得たる上8月9日より同方面の爆撃を開始し甚大なる戦果を収めたり。

また野猫渓以北安全地帯に関しても、同区域は敵の重要なる軍事工場地帯にして且つ敵は二十数門の高角砲を配しあり是非とも爆撃の要を認めたるをもって、方面艦隊の了解を得たる上8月20日より同地域の爆撃を開始し甚大なる損害を与うるとともに、安全地帯に対する南北西端の挟撃により敵並びに第三国人に与えたたる精神的効果もけだし甚大なるものありと認む。

本攻撃中、月明利用期間は昼夜にわたる連続攻撃を企図したるも、不幸にして夜間天候に恵まれず概ね昼間攻撃に終始せり。一方敵もまた戦闘機を集中し多数の高角砲を配して防戦に努めたるも、我が攻撃隊は巧みにこれらの妨害を排除し果敢なる爆撃を実施し重慶軍事施設に対しほとんど壊滅的損害を与えたり。特に8月19日の我が零式艦戦の出現により敵に与えたる精神的効果は甚大にして、重慶上空の制空権は全く我有に帰し敵首都の機能もほとんど停止せるに至るものと認む。

本作戦を通じ重慶市内外重要施設に対し実施したる攻撃日数は三十二日にして、うち飛行場を除く軍事施設・政治機関等に対し使用したる延べ機数1737機(うち陸軍283機)に達し、また投下爆弾も約1281トン(うち陸軍124トン)に達せり。

---

6.作戦経過大要」に戻る。

| | Comments (0)

2.敵戦闘機の撃滅

2.敵戦闘機の撃滅

天候回復の時期を控え敵は我が攻撃を予想して戦闘機を四川に集中し、その数成都に約50機、重慶に約30機、その他一部を昆明、蘭州に配備して我が進攻に備えつつあり。これら戦闘機の撃滅は彼が継戦意思を破砕する上から極めて有効なるのみならず、さらに引き続き実施すべき重慶攻撃を容易ならしむる方策なるをもって、敵爆撃機に対する一撃を終えるとともに続いて敵戦闘機の捕捉撃滅を企図せり。

即ち5月20日より同26日に至る期間、あるいは夜間攻撃を実施あるいは昼間偵察機と密接なる協同の下に着陸時の好機を捕捉する等各種の手段を講じて之が撃滅を図り、なかんずく5月22日の白市驛飛行場攻撃の際は我が作戦見事に功を奏し一挙に敵戦12機を爆破炎上せしめ敵戦闘機に致命的打撃を与うるとともに、5月26日にはさらに残存戦闘機6機を撃破しここに概ね所期の戦果を収めたるをもって、爾後は敵戦闘機の集中情況に応じ機宜これが捕捉撃滅を図ることとし、5月26日以降は専ら重慶軍事施設の攻撃に移れり。

本作戦を通じ敵戦闘機の戦意は一般に微弱にして技量もまた優秀ならず、特に作戦中頃まで敵戦闘機は酸素の装備無かりしため爆撃高度6500m以上なる時は我に挑戦し来るもの少数にして攻撃ぶりもまた概して執拗ならざりき。然れども7月8日に至り敵は酸素の装備成れるものの如く、俄然哨戒高度を7500mに高め我が高高度爆撃隊に対し挑戦するに至れり。然れども我が方もまた敵戦闘機の習性を利用してあるいはこれを飛行場に捕捉撃滅しあるいは我が編隊銃火によりこれを撃墜し着々戦果を収めたり。

8月19日に至り我が零式艦戦準備完成せるとともに我が中攻隊の全力と協同して一挙に敵戦闘機の撃滅を企図したるところ、敵はいちはやくこれを知り我が戦闘機隊の重慶到着前全部逃避して機影全く無く、翌20日さらに我が戦闘機隊を先行せしめて再び殲滅戦を企図したるも敵は遁走して遂に効を奏せず。二回にわたる捕捉戦はついに失敗に帰したるも、重慶上空全く敵影を見ざるに至り制空権は完全に我有に帰せり。

本作戦を通じ我に挑戦し来たりたる敵戦闘機の交戦延べ機数は約581機(ほかに陸軍129機)に達し、うち66機(ほかに陸軍38機)を撃墜(不確実を含む)し、また地上撃破機数は約63機(不確実を含む)に達し、我また8機(陸軍5機)を失えり。

かくの如く敵は多数の戦闘機を失いたるも時々雲南並びに蘭州方面より戦闘機を補充し、その数5月中旬以降約50機以上に達し、重慶防空に必死の努力を払いつつあり。なお雲南方面には現在訓練中のもの40ないし50機ありとの情報より見て、今後ますます残存戦闘機の四川集中を試みるは想像に難からず。零式艦戦の出現により重慶上空の制空権は完全に我が方に帰したりといえども、今後ある程度の集中実現の暁には再び我に挑戦し来たるの機会無しとせず。

---

6.作戦経過大要」に戻る。

| | Comments (0)

1.敵爆撃機の制圧

1.敵爆撃機の制圧

本作戦のため漢口に集結せる中攻は約90機にしてほかに艦上機約70機あり、その他輸送機並びに陸軍機等を合すればその数約300機に達し、また孝感にも中攻約42機ありて、敵機の来襲に対しては過集中の弱点あり。一方、敵爆撃機は4月初頭以来活発なる活動を開始し、数次にわたり我が前線に来襲し、また5月9日には蒋介石は軽爆15機重爆9機をもって第五戦区の作戦に協力し、安陸、武漢、孝感、随縣等の飛行場、陸軍部隊及び重要拠点の爆撃を下令せりとの情報もあり、よって作戦開始の劈頭まず敵爆撃機の根拠飛行場に一撃を加え、彼が出撃の気勢をくじくの要を認め、5月18、19の両日は月明を利用し成都方面温江、鳳凰山、太平寺等の各飛行場及び宜賓飛行場に夜間攻撃を実施せり。

特に19日安陸に来襲せる敵爆撃機の帰途梁山に着陸せる疑いありたるをもって、好機に乗じこれが捕捉殲滅を企図し同夜攻撃を実施したるところ、飛行場に大型8機を発見これに銃爆撃を加え、発火炎上せしむること能わざりしも、弾着明らかに5機をおおい相当の戦果を収めたり。

敵爆撃機に対する制圧は未だ充分なる成果を挙げ得ざりしも、逃避自由の敵爆撃機を地上に捕捉撃滅することは相当困難なるをもって、爾後は好機を得たる場合実施することとし、5月20日をもって我が攻撃目標を重慶に転ぜり。以後敵爆撃機の戦意は極めて微弱にして、対空警戒厳重なる漢口、孝感等の我が航空基地に対して遂に一回も来攻せず。

5月19日安陸に来襲以来5月28日随縣に来襲し、その後宜昌占領とともに敵は我が宜昌及び當陽の航空基地設営を妨害せんとして6月11日當陽に来襲せるをはじめ6月19日以降8月18日まで宜昌に対し約十一回にわたりあるいは単機をもって偵察しあるいは数機編隊をもって来襲する等、やや活況を呈せりといえどもいずれもゲリラ戦の域を脱せず、我が方の損害も極めて軽微なりき。

特に8月18日、敵CB9機をもって宜昌飛行場に来攻の際は我が九六艦戦3機をもってこれを迎撃しその3機を撃墜し2機を不時着せしめ、辛うじて逃げ帰りたるものわずかに4機に過ぎず。

本戦闘以後、敵爆撃隊は一時全く活動を停止しありたるも、8月28日に至り敵空軍は8月30日以後残存爆撃機を動員し再度宜昌方面進出の企図ありとの情報あり。

敵の残存爆撃機はDBは10機を出でず、CBまたほぼ15機を出でざるべきをもって、今後なお蠢動を続くるは却って自滅の道を辿るものというべし。

---

6.作戦経過大要」に戻る。

| | Comments (0)

第百一号作戦の概要「6.作戦経過大要」

6.作戦経過大要 JACAR Ref.C14121079100
101号作戦の概要 昭和15.5.17~15.9.5

読みやすいように、現代仮名遣いに直し、地名はなるべく旧字のままで表示しています。

---

6.作戦経過大要

第一連合航空隊司令部は5月9日に漢口に進出し、爾余の部隊は天候の障害を受け高空は同11日、鹿空は同13日に漢口に進出、また三連空中支派遣隊は同19日に孝感に進出し、ここに連合空襲部隊の配備を完了するとともに、一方作戦は5月17日を攻撃第一日と予定したるところ、天候のため翌18日に開始せり。陸軍航空部隊は準備の関係上6月4日に運城に進出するとともに、6月6日より海軍航空部隊に協同して攻撃を開始せり。

1.敵爆撃機の制圧

2.敵戦闘機の撃滅

3.重慶軍事施設攻撃

4.重慶成都以外への攻撃

---

重慶爆撃『第百一号作戦』」に戻る。

| | Comments (0)

03 January 2024

重慶爆撃「第百一号作戦」

昭和15年8月19日の攻撃を含む、「第百一号作戦」に関する資料です。

(仮置き)

101号作戦攻撃記録
JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C14120615900(12&13/21コマ)
101号作戦攻撃記録 昭和15.5~15.10(防衛省防衛研究所)

101号作戦の概要 昭和15年5月17日~9月5日
JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C14121078300
C14121079200

表紙

目次

1.連合空襲部隊の編制並びに兵力配備その他

2.陸軍航空部隊の編制並びに兵力配備

3.作戦方針並びに攻撃実施要領

4.陸海軍協定

5.作戦開始当初における支那空軍一般情勢

6.作戦経過大要 → 詳細記事へ

別表第一 連合空襲部隊及び陸軍航空部隊攻撃一覧表

別表第二 百一号作戦統計表

---

(last updated on 01/04/24)

| | Comments (0)

17 December 2023

1940/08/19 陸軍第六十戦隊の運城からの重慶攻撃

昭和20年8月19日の重慶爆撃には、陸軍の部隊も参加しています。

---

第3飛行集団戦闘要報運第93号
JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C04122408300
陸支密大日記 第30号 2/4 昭和15年(防衛省防衛研究所)

第三飛行集団戦闘要報 運第93号
8月19日2400 運城

8月19日(晴)

1.気象

2.集団の作戦指導
 1. 集団は・・・ (省略)
  イ.独立飛行第十六中隊 (省略)
  ロ.飛行第四十四戦隊第一中隊

(イ) 飛行第六十戦隊に密に協力しその攻撃直前における航路上及び目標付近の気象状況並びに重慶付近敵航路状況の捜索
(ロ) 定遠及び潼南付近の写真捜索
(ハ) 1200以後1機をもって随時出動の準備

 2. 21日実施の・・・ (省略)  

3.各部隊の戦闘概要
 1. 第三飛行団 (省略)
 2. 独飛第八十三中隊 (省略)
 3. 第十五戦隊第三中隊 (省略)
 4. 独飛第十中隊 (省略)
 5. 独飛第十六中隊 (省略)
 6. 第四十四戦隊第一中隊

イ.1機をもって0830出発、重慶及び同地に至る航路上の天候並びに重慶飛行場群における敵航空状況を捜索し1220帰還せり。
ロ.1機をもって0840出発、南充及び同地に至る航路上の天候を捜索し、帰途渠縣市街の写真撮影を完了し1240帰還せり。

 7. 第六十戦隊

36機をもって1247運城上空を重慶に向かい航進を発起せり(第一中隊の一機は機関故障のため途中より引き返し安康を攻撃したる後1515帰還せり。)重慶付近積雲のため江北の照準不能となりしをもって目標を重慶市街中央部に変更し1542爆撃、全弾を命中せしめ甚大なる損害を与えたる後1807帰還せり。第二中隊所属の二機は爆撃の後宜昌にむかい1745同地着、応急修理後漢口に向かい1950着陸せり(故障調査中)。

使用弾 カ四式50kg爆弾53発 100kg爆弾90発 250kg爆弾18発

 8. 集団飛行班 (省略)

4.出動延べ機数及び使用爆弾量並びに明日の出動可能機数及び企図 (省略)

5.損害
飛行第六十戦隊の重慶爆撃において高射砲弾による被害機1にして、被弾数3ありたるも出動に支障なし。

---

1940/08/19 第30次重慶攻撃」に戻る。

 

 

| | Comments (0)

1940/08/19 十二空零戦隊の重慶出撃(空戦なし)

零戦の初の出撃の記録です。往路の中継地で1機が脱落して、計12機での進撃となりました。

---

昭和15年8月 12空 飛行機隊戦闘行動調書(2)
JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C08051630600 (18/39コマ)
昭和15年8月 12空 飛行機隊戦闘行動調書(防衛省防衛研究所)

時刻 行動経過概要 空中地上ともに敵機を見ず
0905 W基地発進
1010 21基地着 着陸の際1中隊2小隊4番機転覆中破。燃料を補給す。
1240 21基地発進(3-168号を除く)
1410 重慶上空着
1500 帰途に就く
1620 2中隊21基地着、燃料補給をなす
1700 2中隊21基地発
1720 1中隊W基地着
1800 2中隊W基地着

 

中隊 小隊 機番号 機種 操縦員
1 零式戦闘機 大尉  横山
一飛曹 羽切
二飛曹 大石
上飛長 東山
一飛曹 中瀨
二飛曹 上平
二飛曹 藤原
2 大尉  進藤
一飛曹 北畠
二飛曹 大木
中尉  白根
一飛曹 杉尾
三飛曹 有田

---

1940/08/19 第30次重慶攻撃」に戻る。

 

| | Comments (0)

1940/08/19 高雄空の漢口からの重慶攻撃

第二攻撃隊として、鹿屋空の二個中隊18機とともに一個中隊8機で参加した高雄空の記録です。鹿屋空指揮官の下で同じ行動をとったようです。

---

JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C14120696600
高空機密本第8号の45 重慶第30回(昼間)攻撃戦闘詳報 高雄海軍航空隊 昭和15年8月19日

(読みやすいように旧仮名遣いを改め、一部修正しています。)

目次
1.受領せる命令
2.計画
3.経過
4.成果
5.戦闘後に於ける我が兵力の現状
6.功績
7.所見

付表第一 飛行機隊編成表
  第二 行動図
  第三 死傷者調査表
  第四 兵器故障欠損調査表
  第五 兵器消耗調査表
  第六 燃料消費調査表

付録 電報発受信誌写し
   天候

---

作業中(内容は鹿屋空のものとほぼ同じ。)

Photo_20231217130401

 

---

1940/08/19 第30次重慶攻撃」に戻る。

| | Comments (0)

1940/08/19 鹿屋空の漢口からの重慶攻撃-B区空襲 3/3

つづきです。

---

JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C14120681200
鹿空機密報告第1号の71 戦闘詳報の件送付 昭和15年9月4日

昭和15年8月19日
重慶第30回攻撃戦闘詳報(W基地第37回)
鹿屋海軍航空隊 

目次
1.形成
2.計画 
3.経過 
4.成果 
5.被害 
6.我が兵力の現状 
7.功績 
8.所見 

付表第一 飛行機隊編成表 <<<<< (省略)
  第二 行動図及び合戦図 <<<<<
  第三 死傷者調査表 <<<<<
  第四 兵器故障欠損調査表 <<<<<
  第五 兵器消耗調査表 <<<<<
  第六 燃料消費調査表 <<<<<

付録第一 航空機発受信記録 <<<<<
  第二 天気図 <<<<< (省略)

---

  第二 行動図及び合戦図

Photo_20231217115701

  第三 死傷者調査表 無し
  第四 兵器故障欠損調査表 無し
  第五 兵器消耗調査表 六番陸用爆弾 216発
  第六 燃料消費調査表 航空九二揮発油 48445L

付録第一 航空機発受信記録

時刻 発信者 着信者(通報者) 電文
0859 13空偵1号 W基地 重慶快晴、視界35浬 0855
0952 13空偵1号 W基地 白市驛15機 0930
0934 13空偵1号 W基地 石場州地上敵機5期 0933
0945 13空偵1号 W基地 重慶空中 敵機1 0944
1307 13空偵1号 各指揮官 第一目標戦闘機4機2 ロ区 1302
1325 13空偵1号 各指揮官 第三目標戦闘機15機離陸
1341 13空偵1号 各指揮官 B地区戦闘機20機 高さ3000m右回り 1345
1350 15空偵2号 各指揮官 第一目標戦闘機4機離陸 1340
1400 15空指揮官 各指揮官 重慶への距離を詰めよ 1438
1440 W基地 各指揮官 直ちに市内を爆撃せよ 1440
1443 一連空指揮官 一連空各機 警戒 1442
1449 一連空指揮官 各指揮官 我突撃に転ず 高度6700m 1447
1503 第16小隊1番機 W基地・一連空指揮官 第五目標戦闘機5 1455
1507 一連空指揮官 W基地・各指揮官 1450爆撃終了 全機編隊飛行中 1500
1513 15空偵3号 W基地・各指揮官 第六目標戦闘機5機着陸 1510
1552 一連空指揮官 一連空各機 警戒元へ 1550
1600 W基地 一連空13空各機 漢口晴 雲量5 風向北東1m 着陸方向北東 1600
1626 一連空指揮官 W基地 1730帰着の予定 1620

  第二 天気図 (省略)

---

1940/08/19 第30次重慶攻撃」に戻る。

| | Comments (0)

«1940/08/19 鹿屋空の漢口からの重慶攻撃-B区空襲 2/3